奨学金に関する電話相談会を行います

2020年11月9日
ブログ

奨学金に関する電話相談会を実施します

今年も11月17日~19日に奨学金に関する電話相談を行います。静岡県司法書士会の協力により、奨学金に詳しい司法書士が同席し、法的な相談にも対応します。
11月17日(火)ライフサポートセンターしずおか東部事務所 055-922-3715
11月18日(水)ライフサポートセンターしずおか中部事務所 054-273-3715
11月19日(木)ライフサポートセンターしずおか西部事務所 053-461-3715

2018年に給付型奨学金が本格実施され、2020年には大学等就学支援法が施行されましたが、これらは“今後借りる方”への支援策であり、“返済中の方”への支援は不十分なままです。
新型コロナウィルス感染症の拡大により国民生活が甚大な影響を被るなか、これまでなんとか返済を続けてきた方々が、家計収入の減少により返済困難となるケースが増えることが想定されています。この相談会を通じて、奨学金全般に関わるお悩み、特に現在返済に困難を抱えている方とその家族に対し解決に向けたサポートを行います。

さて、私事で恐縮ですが、先日の朝、通勤の新幹線改札口に入ろうとしたところ、カバンに入っているはずの定期券がありません。買ったばかりの新幹線3か月定期券(静岡⇔浜松)です。カバンの中を一生懸命さがしましたが、見当たりません。迫りくる時間、やむなく、切符売り場で切符を買って乗車しました。私は以前にも買ったばかりの3か月定期券をなくしたことがあり、その時は、泣く泣く、新しい定期券を買い直しました。以来、定期券はカバンの決まった場所に入れるようにしました。しかし、今回は、そこに定期券はなく、パニックになりました。「また、落としてしまった。」と、定期券の買い直しを覚悟しましたが、車内でもう一度カバンの中をくまなく探したところ、カバンの底から定期券がでてきました。すごくホッとしました。片道の切符代はかかりましたが、それ以上に3か月定期券代を得したようで、気持ち的にはとてもハッピーでした。
このように、私のボケは徐々に進んでいるようです。仕事でかかわりのある人の名前がでてこない、同じ本を2度買う、同じ人に同じ話を繰り返して言う、忘れ物をするなど日常茶飯事です。でも、何とか、周りに迷惑をかけるような事件を起こさずに、静かに消えていきたいと思う今日この頃です。<MASA>

 


『フードバンクふじのくに』からのお願い

富士地区労福協と連合静岡から食品をいただきました。たくさんのご支援、誠にありがとうございます。